ワタシの独擅場

日本より島流しにされた昭和な関西人ワタシ。のびのびとブログを書く事をモットーに、のうのうと生きています。褒められると伸びるタイプ。

2015年04月





なぁ、人間って、70%とかが水じゃなかったっけ?
ワタシの水分どこ行ったん?
どっかで落っことしたかなぁ?おっかし~なぁ…。

あのね、うちの爺ちゃんもね、かっぴかぴの鏡餅かかとしてたの。
でね、でね、爺ちゃんは、ハサミでチョキチョキ自らのかかとを切り取り、
魚の餌にして、釣りをしてたよ!


読者登録してね

海外で、一つの店舗で一定以上の金額の商品を購入した場合、
出国の際に、タックス(税)の払い戻しができますやん?

ローマで、おかんとお買い物をし、
タックスリファンドの手続きをしようとした時のお話。

お買い物をしたお店で、
「タックスリファンドするんで!」と言うと、
おかんとワタシ、それぞれにフォームが渡された。

すると、




イタリア人の店員さんが、
親切にもわざわざ日本語のフォームをくれているにも関わらず、
丸投げでワタシに自分のフォームまでも書けというおかんに
ワタシは苛ついた。
そして、できることは自分でさせようとした。

ぶつぶつ言いながら書き始めたおかん。

チラッと見てみると、



【誤】NISHIKI-JO にしきじょう
【正】NISHIKI-CHO にしきちょう




結局、ワタシが書き直す羽目に…。

*実家の住所は錦町ではありません。なんとか町です。


読者登録してね

えっと、こんなこと言うのは大変おこがましく、
正直、こっぱずかしいのですが…

本日用のブログも間に合ってませんし、
数名の方々からお声がかかりましたので…

あたい、5月31日(日曜日)東京にて
午前11時頃から1時間程しか時間がありませんが、
一瞬のご挨拶ができるかもしれません。

実際のワタシを見て…

*「な~んだこりゃ…」という失望
*「くっだらねぇ…」という絶望

を覚悟の上、それでも
変わり種好きな

強い心臓の持ち主で、

ご希望の方は、

このブログを開けた時に、

携帯からの場合は


PCからの場合ですと


と、ワタシが一時的に作りましたアドレスが出ますので、
そこからご連絡頂ければ幸いです。

アメブロは連絡先の交換を硬く禁じており、
この鉄の掟を破ると
アメーバ警察が発動します。マジです。

以前、こっぴどくしかられました。

それに、普通にアメブロを通してコメントやメッセージで
ご連絡頂いた場合、個々にお返事が難しいので、
この方法をとらせて頂きました。

場所の予約等ございますので、
4月30日の日本時間19時までに上記方法でご連絡下さいませ。

あ~、はっずかしっ!!!
穴があったら隠れたいっ!!!!


読者登録してね

あの頃のトルコ2』(←クリック)の続きです。

そうして色んなことがあった
トルコ&ギリシアの旅も終わりを迎え、
イスタンブール空港から日本へ向けて出国。

イスタンブール空港の税関で…




イスタンブール空港のオフィサーはワタシをガン見し、
続けてワタシのパスポートとワタシの顔を何度も見比べた。

わ、ワシが一体何したって言うんだ?!
冤罪だっ!!

そして、



えっ?何?何か問題事でもっ?!
不安を抱きつつ、ワタシ、Say Yes.

すると、イスタンブールオフィサー、



「君、とっても綺麗だね。お茶でもどう?」

空港オフィサーからの
まさかのナンパっ!


出国する時やったし、
単にいたずらされちゃっただけやと思うけど、
年齢は半分ぐらいにみられるし
(ってことは60歳で30歳やで!)、

老後はトルコで

と思ったワタシでした。


おしまい。


読者登録してね



そして、とあるお宅の門で、フワッフワの桃色な桜の木を発見!


{CA454251-372B-4AAE-B8AF-022C34F67CCA:01}

このお宅(誰が住んどんのか知らん)のポストに、
「俺、日本人。お宅の桜の見事さに感動!」
と、メッセージノートを残したいんだが、
頭のオカシな子と思われるだろうか…?
やめておこう…。だろっ?


読者登録してね



特に、組の心得なく
タトゥーを入れることを考えている方に
下の写真をご覧になって頂きたい。


刺青は、74年ほど経つと
もう何が何だかわっかんね~
くなるぞ。


あたい、自分より年上の殿方とケコンしたので、
相方の方の家族はもれなく高齢度が高い!

これ、ジムおじさん(←ジャムおじさんじゃねぇ)が

1941年に入れた刺青。

もう、腕の皮膚が折り間違えてえらいことになった折り紙
みたいになってるんで、刺青ももう何がなんだか不明。

そういうこともきっちり考慮、及び覚悟して
刺青を入れてくださいね。


読者登録してね

あの頃のトルコ1』(←クリック)の続きです。

さて、同日ではなかったと思うが、
革製品屋にも連れて行かれた。

そこでも当然ターゲットはオカン。

将を射止めんがため、馬であるワタシに、
皮のジャケットをガンガン着せて
褒め称える売り子3人組。



火を見るよりも明らかに、売るためだけに
おべんちゃらダラダラの売り子3人組。
もう恥ずかしいったらありゃしない。

そして、とどめが…



そう言いながら、売り子3号が、
ワタシに着せている革ジャンの襟を立て、
続けてこう言った…



ヤメテーッ!!

あそこまで言うと、べんちゃらを通り越して、

馬鹿にしてやがるっ!

この世から消えてしまいたいくら
い恥ずかしかったです。


つづく。


読者登録してね

確か、あれはワタシが23歳くらいの頃のこと…。



オカンはそれまで海外に行ったことが無く
(いや、昭和時代にハワイに行こうとしたんだが、
パパにネコババされたから行けんかった。
詳しくは過去記事を←クリック)、
一人でツアーに参加するのはちょっと心細いってことで、
「払ったるから!」と、
ワタシと妹をかりだそうとしたオカン。

しかし、妹は、
「行きたくない」と言い(←バーカッ、バーカッ、バーカッ!)、
ワタシとオカンのみでの旅となった。

確か、ツアー参加者は、ワタシとオカングループと、
激安ってことと、2月頃だったってことで、
卒業旅行らしい大学生4人組(男 x 2 & 女x 2 )。

格安旅行やから、当然、土産物屋だのなんだの連れて行かれますやん!

今でも覚えているよ。連れて行かれたカーペット屋。

当然このメンバーで、売り子のターゲットとなるのはオカン、
もしくは、将を射んとすれば馬、でワタシ…。

カーペット売り子の兄さんに聞かれた(英語で)、




当時、20代前半のワタシは、
「ど~せ、18とか言うんちゃうかっ!」
と思いながら、彼にそう聞いてみた。

すると…















20代の花咲く娘さんのワタシ、

小学生に間違われるの巻。


つづく。

読者登録してね

先日、『掃除機』(←クリック)を書いていて思い出したのがコレ(↓)。



ブルボンのルマンド…。

ご覧!パッケージからして、もう昭和!

これねぇ、うっす~いパリパリの層になってるから、
ボロッボロこぼれんねん。

やから、



チューペットのように吸い込んでたねぇ。

ついでに他にも懐かしいお菓子達…



宝石箱。

たしか、宝石?のように、色とフレーバーのついた
氷を砕いたみたいなんが中にはいっていたような…?



ジュエルリング。

あれっ?パッケージってこんなにしょぼ…地味やったっけ?

これ、かなりでかかったよね!



ビックリマンチョコ。

でも、これは確か、シールとか集めて、
なんか強いキャラとかでどうにかして遊ぶとか、
そんなんちゃうかったっけ?

懐かしいけど、基本的に男の子が遊んでたなぁ。



いちごみるく。

これって、まだありそう?
何なん、この独特の、真ん中のサクッと感!!

カラムーチョとかもまだあるんかなぁ?


読者登録してね

以前は、我が家には掃除夫がいたんだが、
あの程度の掃除具合にお金を払うことに
納得できなかったワタシは彼女たちを解雇した。

しかし、『ワタシの掃除法』(←クリック)でも
描き表されているように、ワタシは掃除が苦手である。

が、汚れた空間はもっと苦手である。



そして、次に掃除機をかけなければならなくなるその日(限界)まで、



で、あるからして、





も~う、皆さん、「わかるぅ~」の嵐やろ?


読者登録してね

えっと、5月の末から6月の頭まで、
弾丸で日本へ帰んねん、独りで。

大学ん時との友達とは、95年からやから、
もう今年で20年来の付き合いになる。感慨深い。

やりたいことリスト in 関西
*大学の学食で大学ん時の友達と会う
*同じメンバーで吉本新喜劇へ
(あれ、全然おもんない。嫌い。でも、
関西人として1回は渡らなあかん道やと思うから)
*びっくらぼん
(姪っ子甥っ子を押し伏せてでもやってみたい)

あと、大阪には、吉本の若手が
漫才の練習によくつかう公園があるらしく、
そこにはこんな看板が…



あっぱれ、大阪!


で、それからおかんと台湾行きます。
2泊3日だけやけど、

台湾情報求む。

故宮に翡翠のどでかいのを白菜にしてあるのんありますやん?
あれ、大事件にやったんちゃうん?

だってさぁ、経緯とか翡翠白菜の歴史はよう知らんけど、


とかって、時の皇帝が言うて、
ほんでもって出来上がったんが、



もう、皇帝のお付きのものはガクプルものだったと思うんだ…。



だって、ワタシが時の皇帝やって、
楽しみにしていたでかい翡翠の塊が、
こともあろうに白菜に仕立てあげれれたら…



って、ぶちギレると思うで。

おいっ、上のセリフを

チンのタマ

って読んだ奴、

前に出ろっ!

ギョクだ、ギョクッ!!

実際、作者不明らしいから、
ひょっとしたら最初はお気に召さずに
ボッコにされたのかもね…。

ほんでもって、東京に2泊3日して、
成田からでるねんけど、

東京情報求む。


読者登録してね

ワタシの学部の裏側には、馬術部があった。

ある日、お昼休みに学部の裏側に行ってみると、



「あっ、馬やぁ」

子供のように無邪気に、見たままを口にしたワタシ。



そして、





馬はワタシを

ガン見し、

そうして…



















実話ですっ!!

ブツが

ガーン、ガーン、ガーンッ

とそそり立つその過程もまぶたの裏に焼き付いてるよ!

馬は繋いであったものの、
めっちゃ怖なって、ワタシは逃げた!



あたい、どんだけいい女なんだろう?

指一本触れてなかってんで?!見てただけで、

馬のやる気スイッチ、
オンッ!


俺スゲーッ!

アメーバ警察さん、ちゃんとモザイクかけましたけん、
大丈夫やろ?

昨日の記事(←クリック)の【補足】です。

ごめん、昨日ちゃんと書くべきやったね。

Dermalogica は、エステ専用とかのブランドやとワタシは認識している。
ちゃんと正規のディーラー(取り扱ってるエステサロン)から買ってね。
http://dermalogica.co.jp/


読者登録してね


ワタシは、アジア人ってことで、実年齢より若く見られる。
更に、ワタシよりそれなりに年上の相方と結婚したことによって、
ワタシの周囲の平均年齢がグッと上昇した。

結果、俺、

自分の老ぼれ具合に目をつぶり易く、
自分を騙し騙し日々生きてる。


しかし、髪を掻き上げるとシラガーを発見する機会が
日々日々多くなってきた…。

さよならオサレ染め。こんにちは白髪染め。

それに、「だ~いじょ~ぶっ、だ~いじょ~ぶっ!
一時的なもんだって!すぐ消える、消えるっ!!」
と高をくくっていた肌の変色部分…

シミ、クスミだと認めざるを得ない状況

になってる…。

そこで今日ご紹介したいのが、

Dermalogica
SkinPerfect Primer 




これ、シミ、クスミが気になってきたお年頃(30代半ば以降)なら、
ほんまに騙されたと思って使ってみてください!!

ワタシ、プライマーなんて使わへんくって、
特に興味もなかってんけど、サンプルをちょっと使っただけで、

悶絶もん!
即買い!

プライマーやねんから、化粧下地として、
化粧保ちをよくさせることは当たり前なんで、わざわざ言わんけど、

1)フィニッシングパウダーみたいに細かいパール粒子が入ってるので、
そのわからないくらいの細か~いキラキラが光を反射してくれて、
肌のトーンが非常に滑らかに見える

2)ベルベットみたいなすべっすべの使い心地で、
次のお化粧をノリノリにしてくれる

3)正直言って、「ファンデーション要らん…」ってくらいの
カバー力があるけれど、すんげ~自然!
だから、ぜんっぜん厚乗りにならん!

4)SPF30

さ、ら、に、これ、ただのプライマーやのうて、
完全なるスキントリートメントなんっすよ!

5)ペプチドがコラーゲンにもオラオラーやし

6)ヒアルロン酸とかも入ってて、
肌の潤い、弾力…、俺たちが失いかけた希望をガッツリ鷲掴み!

ごめん、英語やけど、一応貼っときます。


Jane Wurwand さん。1回だけお会いしたことある!

あのね、ワタシ、スキンケアにはある程度お金かけてるけど、
例えば、この子(↓)…



50mlで15万円程

します…


ワタシは、他の La Prairie の
保湿剤だのアイクリームだのは使ったことある。
濃厚なヘビー級クリーム。
あっ、買ったんじゃないよ!飛行機のアメニティーでついてきたからだよ。

ワタシの感想は、正直言って、

「だから?」

でした。

高いものを使った精神的高揚はありましたよ。
でも、それだけ…。

この15万円とかするべらぼう娘は使ったことないから
物申す立場ではないかもしれない。

せやけど、15万円もする保湿剤やったら、

ものすごい魔法を起こしてくれる

って期待してもしょうがないと思うねん。

もし、この15万円が、この一瓶を使い切る頃には
シミもクスミみ皺もたるみも何もかも拭い去ってくれるのであれば買う!
でも、

そんなことは起こらへんと思う。

だったら、ボトックスだのダーマルフィラー入れるほうが、
お金と効果のバランスがずっと取れているとワタシは思う。

でも、とにかく奥さん、
Dermalogica の SkinPerfect Primer
買うてや。


読者登録してね

いやぁ、ワタシもなかなか熟れたお年頃。

子供の頃なんか、こんな歳なんて、


と思ってたくらいディスってた。

でも、実際にこういう歳になってみたら、うっかり、
「あれっ?ワタシまだまだ全然大丈夫やでっ!」って思う。

70歳とか80歳とかになってもそう思うんやろうなぁ。

生きてりゃ歳とるのはあったりまえだのクラッカーなんやし、
ワタシは結構楽しく歳をとっていってる、とりあえず今んところは。

先日、1回ヨガ教室行っただけで
ソッコー腰ガタガタいわされちゃってるけどね。
イッテーよ。

これからもどんどん貫禄つけていくでぇ~。


読者登録してね

ワタシの名前1』(←クリック)の続きです。

ジャンコの星の元に生まれたワタシ。

婆は大正生まれ+ワタシは彼女にとっての初孫…
ってことで、


画数重視のこの名付け方…、
よって、ワタシの名前の第2候補は、
地面の『地』を使用しての

『地代(ちだい)』と書いて
『ちよ』。


なんか、土臭くて、汚れた金をもってそうな名前なので、

却下!

が、結局、その親玉の候補の中の一番マシっぽいの、
すなわち消去法でワタシの名前は決定されますた。

音は普通やねんけど、漢字がちょっと違う。
読めるで! DQN ではないぜ。


おしまい。


読者登録してね

ワタシは長女であり、初孫でもある。




4人の子供を産み、育て上げたベテラン婆様は言い放った…

「あんたなぁ、陣痛やったら話してられへんで。
陣痛の痛みはそんなもんちゃう。

それ、陣痛ちゃうわっ!」

ベテランにそんなこと言われたら、かなわない。
おかんは、麻雀のプレイを続けた…。



俺の最初の名前の最初の候補、

雀子(ジャンコ)。

なぜ、『雀』の方を採る?
『麻』の方をとって、アサコかマコじゃねぇの?!

却下。


つづく。


読者登録してね

えっと、本日2度目のブログです。

確か、結局、何か言われる前に明らかにヤバいの手直しして
審査の申請をしなおしたのが今月9日やったと思うねん。

で、ほんまに数日後の本日、

リジェクトの通知が来ました!

早くね?

あまりの早さに、
「わしのんそんなにあかんかったんかいっ!」
と思って、見てみると、



どうも、「単にこやつらの透過性に問題がある」ってことらしい。
丁寧に、「01番は歯、05番は目」と、
透過性に問題のある部分まで指摘してくれてた。
直しやすいぜ、ありがたい。

とりあえず、ご指摘を受けた部分は速やかに直し、
再提出しなおしました。

んっ?ってことは、他のはあれでよかったってこと?
だとしたら、

ウータン、および魚肉ソーセージは安全なり?!

ぬか喜びするべきではないのか?

とりあえず、以上です、組員達へ。
連絡網、ちゃんとまわしとってよ!!


読者登録してね

阪神大震災4』(←クリック)の続きです。

大阪に2泊ほどしたんやと思う。
もう20年前の話だ。記憶が曖昧…。

あん時に生まれた子供たちが、
今のあの頃のワタシと同じくらいの年なんやなぁ…。

まぁとにかく、



そして、大阪から JR で自宅へ帰還。

しかし、ちょうど私が駅に着いた頃は、




「どうぞっ!!」

サラリーマンのおっちゃんが席を譲ってくれた。

おそらく、滲み出る疲労感とどでかい荷物から、
被災者と間違われたんだろう…。

ワタシは快く席を譲って頂いた。


完。


メンゴ。


読者登録してね