ワタシの独擅場

日本より島流しにされた昭和な関西人ワタシ。のびのびとブログを書く事をモットーに、のうのうと生きています。褒められると伸びるタイプ。

2015年02月




変態信者の皆皆様からの
日々のアクセスの披露
読者登録の努力
いいねの勇気
コメントの奇跡…

おいら、幸せ者だ。
謝謝。


でも、絵を毎日描いてて疲れちゃったの。

またねっ!


読者登録してね



流すと、

うううううう…



で、空中に放り出されそうな恐怖に囚われる…
のはワタシだけっ!?

だって、ゴゴッ!って凄い音しますやんっ!

従って、ワタシは、流す際には、
一応何かにしがみついておきます。

あと…



だって、己のブツの位置づけを把握できてない男性が

こぼしている場合!

びっしゃびしゃのぐっしょぐしょ…。


読者登録してね

時代は




ある日の夜、


翌朝、武装して電車に乗り込んだおかん。

戦闘開始。

そして、敵は罠にかかった!!




そう、おかんは研ぎ澄まして破壊力を増強したヘアピンを
指の間に入れて武装化したのである。




痴漢鬼畜野郎の腕にピンを突き刺し、
ゆっくりと引っ掻き回した。


おかんが痴漢にあうことはそれ以降無かった。

余談ですが、ワタシは痴漢にきっちりと

前科者の焼印をいれました。

うん、調書もとったよ。

奥さんも子供のいる人だったけれど、
てめえのケツはちゃんと拭かなきゃねっ!

黙ってない子もいるんだよ。
バーカッ、バーカッ、バーカッ。

バカはギャフンと言わなきゃわからないからね。


読者登録してね



乾燥機の方が絶対楽やねんけど、
やっぱり罪悪感があるからねぇ。

でもね…



僕コレ嫌い。


読者登録してね



見苦しい!
汚らしい!!

そう思った。




俺も立派なマダムになったもんだ。


読者登録してね

我が家の働き者のダイソンのダイちゃん。

中身がこんなことになってたよ。



ワタシの長い髪と埃とのコラボ。

貞子みたいだねぇ。

このダイソン、少なくとも4年物。年齢不明。

昔は、新しい物にすぐ興味を示したし、目移りしとったけど、
もう今は、

使えたらそれでええ。

iPhone だって、4のまんま。しかもそれは、5が出る時に、携帯会社が
get rid of (日本語が出ない…、はけさせる?)したかったやつだしさ。

歳をとることの楽さ。

合掌。

あっそうそう、何年も前に、
普通の袋を取り替えるタイプの掃除機買って、
袋を取り替えずにず~っと使ってたら

ドリフみたいに爆発した。

実話。


読者登録してね

昭和の先生シリーズどえ~っす。
(←クリック)
(←クリック)

さて、ワタシが高校へ進学した時、
時は平成の世の中になっておりました。
といっても平成一桁時代。
もう面倒なので、昭和でひとまとめにします。

ワタシの高校には、


と陰で呼ばれている先生がいた。

ジャムのように甘くて素敵で皆んなから愛されていたから










ではない。


しかしながら、我が高校のジャム爺が投げてくるものは、新しい顔










ではない。

投げるのはもっぱら…




*実際、ワタシは1度投げられた経験有り。えへんっ!

また、生徒にが気に召さない事をした場合、



暴言。

更に、昨日お気に召した事が今日はお気に召さない事になることも多く、
常にジャム爺の顔色を伺っていなければならず

暴君。

ジャムは、山登りが好きだった。
よって、山田、山下、森山…等、

名字に『山』がつく生徒をえこ贔屓。

ワタシの名前には『山』は入ってない。


読者登録してね

まず…

昨日書かせて頂きました11年前に賞味期限が切れた抹茶(←くりっく)を
何度もしっかり食べている結果が今朝出ました。

お腹は全然痛くないです。が、

排泄物が抹茶そのもの…

という結果に。

おいらの身体、

吸収せずにそのまま吐き出した!

ちゃんちゃんっ!!では、本題へ!

以前にも描いた、ワタシのおかま友達 K (←クリック)、再度登場です。



そこで、カイルなる人物とチャットした K 。

カイル曰く、「俺、女がいるけれど、君に会いたい。」

会いたいってことは、

そういう意味です。

K は、「彼女がいる人とはなぁ…」と思い、
丁重にお断りしたそうです。

それから2年ほどたったある日、
また再びカイルとネット上で出会った K 。

再度「君に会いたい」、と言うカイル。

あれから数年経って、けっこうはじけていた K 。
「2年も前のことだから、今はフリーなのかもしれないしっ!」
と、特に確認もせず、カイルと会い、

即合体。

それから3日後…

前から誘われていた知人の M子宅へ
ワタシと共通の友人 Y 子と共に行った K 。




「 K 君はまだ私の旦那と会ったことなかったよね。
ダニエ~ル! K 君と Y 子ちゃんが来たよ~!」





とりあえずその場はやり過ごした K 。
K も魂消たが、
ダニエル(仮名です)もよっぽど腰を抜かしただろう。
まさか自分の嫁の友達の友達だったとは…。

この話を「大変、大変~!!」と、翌日 K から聞かされたワタシ。

「どうしたらいいだろう…」との K の相談に対して、
ワタシはこう答えた。

「あんた、 M 子さんと友達でもない、単なる知り合いやろ?
それってさぁ、人生変わる情報やで…。
よっぽどの親友が、覚悟で言うならまだしも、
通りすがりの人間に、
『あんたの旦那、浮気してまっせ!
しかも、実はゲイでっせ!』
なんて言われたくないやろう…。
うちらだけの心にしまっとこうぜ…。」

そして、それから10年近くたったある日、
街でばったり
 M 子さんに遭遇したワタシ。

K も Y 子のビザの関係でもうコッチにおらず、
 M 子さんと、挨拶がてらの立ち話。

「ワタシ結婚するんですよ、もうすぐ」と言ったワタシに対して、
 M 子さんは、「私、離婚するのよ…。」

M 子さんはどうも吐き出したかったんだろう。
日本人とあまり繋がってないワタシから
噂話がスタートする可能性は低いと睨んだ部分もあるんだろう。
数日後にお茶をすることになり、
そこで、

「まさか自分の旦那がゲイだったとは思いもしなかった!」

という "衝撃の告白" をされるのだが、
ワタシとしたら、10年ほど前から知っている情報…。
でも、当然ワタシは「あら、びっくり!」という芝居をしたよ…。

嗚呼、疲れた…。

ここで一句。
あんたには バレてないよね このブログ。


読者登録してね

人気ブログランキング

せんせいあのね、
たなをごそごそしてたら、
11ねんほどまえに
しょうみきげんがきれたまっちゃがでてきたよ。



これ、抹茶パウダー。

コッチで入手不可、困難、あっても法外な値段の日本食材は、
ワタシにとって、超高級品…。
結果、大事に大事にいつ来るかわからない

その時

のためにとっておいて…

忘れる…。

まるで、どんぐりを大事に土に埋めて忘れちゃう


みたいに…。

でもね、これ、抹茶パウダーでしょ?
乾きもんやん?
流石に11年はちょっと押してたけど、
まぁ大丈夫だろうと思って、
バニラアイスと混ぜて、抹茶アイスにして頂いたよ。

うん、オラ、喰っただ!

今のところ、ぽんぽん大丈夫だよ。

ヒトって結構強いよ。


読者登録してね

今年は去年(←クリック)のようにお誘いは受けませんでした。

そんな毎年何個も何個もロレックス買わん!

てっか、ワシは要らん。付き合ってるだけの人からなら、
喜んでもらおう。だって、丸儲けやもんさ。
が、結婚して、財布がひとまとめ状態であるなら、

要らん!かな?

まぁ、とにかく、去年お呼ばれした際に
ご一緒させて頂いたスイス大使、


Stan Wawrinka (去年の優勝者)はスイス人で、
彼の試合にカーネルスイス大使は大興奮。



カウベル持ってきたってところに
もうワタシは笑いそうで笑いそうでしょうがなかった。

その後、日本が誇る錦織君とナダルの試合(←クリック)。

ちなみに、それ以前にテレビを見てたら錦織君が出てきて、
相方に、「これは日本人か?」と聞かれ、

NISHIKORI

という表示から、
「ニシコリ?そんな名字無いね。ニシ(西)ってのは west で、
日本の名字によく使われる音やけど、コリ?そんなん聞いたことねぇ。
日本人ちゃうわ。韓国の人とかちゃう?」
と答えた俺。マジだぜ。

その後、日本のネットサイトで、

錦織

という人がなんかテニスで凄いらしいのに気づいたワタシ。
しかし、ワタシはこれを

にしきおり

と読み、全く同一人物だとは思ってもみなかった。
だって、そうやろう、



少年隊のニッキこと錦織さんやもん!

でも…、ネット見てたら…、



どないしたっ?
ニッキ?!


まぁ、それから暫くして、妹ん言われてやっと、
Nishikori =錦織であることが分かった俺様。

もうこれって、「ピザ十回言って!」
「ピザピザピザピザ…、膝!」レベルやん…。

とにかく、錦織 vs. ナダル戦。


しかし、ワタシは日本国旗をポッケに常備してはない。
さて、どうしたものか?

たまたま持ってきてたカバンが赤だったので、
「あっ!スイス大使の奥さん(つまり、大使夫人)のジャケット白やん!
あれ借りたら、日の丸作れますやん!!」

が、相方に強く制止され、断念…。

あ~あ、ニシコリ君、負けちゃったね。
大使夫人のジャケット拝借してたら、勝ったかもね。
か、国際紛争!だはっ!!

その夜、相方と飯喰ってたら、
ナダルと御付きの者たちがやってきて、後ろの席に!

自撮りしてるふりして激写した(←ベタッ!!)。

実際の画像がコレです。



バーカッ、バーカッ、バーカッ!



読者登録してね

まず、初めに…

なんか頑張って、ヘッダーっての変えてみたよ。
ちゃんと見えてる?

で、本題…

数年前のワタシの結婚式の際、
おかん、妹、そのお子ギャング3匹が
日本からやって来ました。

せっかく、ってことで、
日本の食材をしこたま持ってこようとしてくれた家族…。

しかし、ノーイングリッシュな彼らが食品を持ち込むと、
税関で申告する際、もしも質問された場合、
時間がかかりそうなのが厄介だったため、



きっちりアンダースタンド状態だと思い、
ホッとしていたワタシに、妹からまたラインが…。



昆布もふりかけも
食べ物です!


そんな爆発物みたいな我が家族もなんとか入国完了。



「税関も無事通過できてんね、よかったよかった」
と言うワタシに対して、
妹はおかんを指差しながらこう言った、

「いいやぁ~、おかんがまたやらかした!」



そして、おかんがカバンの中から何かをおもむろに取り出した。



これ、あきまへんっ!

速攻廃棄させ、事なきを得たらしい…。

その後、我が家について、母がスーツケースから、
「お土産!」といって、三島のゆかり(←俺の大好物)をくれました。

しそふりかけ密輸の罪。


読者登録してね