ワタシの独擅場

日本より島流しにされた昭和な関西人ワタシ。のびのびとブログを書く事をモットーに、のうのうと生きています。褒められると伸びるタイプ。

2014年06月

昨日、ブラブラしてたらたまたま見つけたお店。ウィンドウ越しに、おっされぇ~にワインボトルがいっぱい並べてあったので、やはり興味が出ますやん!

あれれっ?およよっ!?ドンペリのワタシらが普通に買うより安いぞ!なので、とりあえず2本ゲット。で、カウンターで、「免罪、もとい、免税になるように用紙か何かをここで頂くんですか?」と聞いたら、「必要ありません。

香港では、ワインに関する酒税はゼロ

ですので」となっ!まじっすかっ!?

買ったけど、今チラッとほんの数秒ネットで検索かけても、酒税がゼロとの裏付け情報は出ないんだが…。なので、未だにミステリーです、が、お勧めします。安いんは安いねんもんっ!

小籠包、やっぱうんめぇ~。クラゲもうんめぇ~。やっぱ、亜細亜料理うんめぇ~。

photo:01


iPhoneからの投稿


読者登録してね

さて、本日は、伊太利亜から中国は香港へ到着。

やっぱ醤油もんうんめぇ~!!

あっ、羅馬では、前回のブログ(←クリック)で書いたヴィトン屋さんの他に、もう1つお店がある。入ったら、とっても感じのいい日本人女性スタッフがいらっしゃったよ。お名前はうかがわなかったけど、
羅馬の大学でお勉強をして、伊太利亜はもう6年目だそうな。

お店としては、こっちのほうが大きい。もともと映画館だったのを改造(?)したらしく、素敵!

大きな棚に、ケースがわんさか…。これ欲しい。

photo:01

でも、ワタシが買ったのは(リカード G さんがいたのは) Via Condotti の方です。

では、今からワイン(いっつも…)呑んできます!飲茶も喰うぞ~!!


読者登録してね

ヴィトン、買うたでぇ!

photo:01

ワタシの世話をしてくれたのは、背が高く、スリムなリカード G さん。「これだ!」というお目当ての商品は決めずに適当に入ってしまったので、ワタシに合う商品を非常に丁寧に探してくれてお世話してくれた。

鞄には、イニシャルを入れてもらったよ。

こういうショッピングの経験は、ネットショッピングでは得られないよ。

ありがとう、リカード G さん!お礼のメールを出しました。


iPhoneからの投稿


読者登録してね

伊太利亜におります。

photo:01

本日は、相方とお義母さんとは別行動。おかんとワタシだけで行動したぜ。

帰りのタクシー、運ちゃんの感じが悪い。しかも、最後には、おつりを何も言わずに少なめに渡してきたので、 "Don't you have 5 Euro?  (5ユーロねぇのかよ。足りねぇんだよ!) " と催促せんとならねぇ羽目に。5ユーロくらい、普通なら全然あげても構わないんだが、コイツの態度を本当に気に食わないから語調をかなり強めて言ってしまったよ。

こんなとき、英語が話せてよかったとつくづく思う。


iPhoneからの投稿


読者登録してね