ワタシの独擅場

日本より島流しにされた昭和な関西人ワタシ。のびのびとブログを書く事をモットーに、のうのうと生きています。褒められると伸びるタイプ。

2014年05月

この前、オーストラリアはメルボルンでブラブラしている際に入ったカルティエで、ピンクゴールドだのサファイアだの入ったコレ(↓)がおりました。



相方が気に入って、「似合うじゃないか、お前。じゃ、コレ」と買おうとするのを制したワタシ。

先日のアメリカはサンフランシスコでまたぶらりと入ったティファニー。そこで、この子(↓)を試着致しました。



すると、相方がまた買おうとする。が、ワタシはまたそれを止めました。だって、

もったいないやんっ!

ワタシとしたら、「こんなことにそんなお金使うよりも、もっと違う事にお金使おうな…」と思ってしまう。しかしだ、相方がワタシの彼氏であったなら、買ってもらったね!

『くれるんやったらもろておこう』の精神

よっ、奥さん!

が、結婚すると、とどのつまりお財布は同じやん?出所同じでっしゃろ?やから、

『もったいない』の精神に
変化しまんねん!!

悲しいワタシの考え方…。


読者登録してね

オカンが日本で買って来た伊太利亜のガイドブックに、ルネッサンスの時代から続いているらしいレストランが書かれていたので、せっかくだから行ってみた。

La Campana って言うらしい。そんな、所謂『老舗』なら凄いことを想像しててんけど、内装とかも庶民的やったよ。

で、ワタシは、鶏のレバー(の生姜をいっぱいきかせた佃煮的なん)以外、ホルモン系は好きではないねんけど、牛の胃袋をトマトとかで煮たのがコッチの名物らしいので、どうせならと、チョイス。

photo:01

やっぱ無理っ!

かなりガサガサのパンが出て来てんけど、「このトマトソースだけでも…」と、パンに付けてみた。

臭っ!

ワタシはアカンかったわ…。

今日は、街中をうろうろしてて、トイレに行くためにカフェに入ってん。ほんなら、メニューは、イタリア語、英語、ギリシア語、日本語で書かれてた。

が、

日本語まちごうてますやんっ!



何か、中途半端に切れてる文章?混合魚ってキモイし…。おそらく、色んな種類のお魚ってことかと?海老の焼き過ぎ注意!焼き焼きっ!!



iPhoneからの投稿


読者登録してね

日本で大学生をしている頃、
思い返せば、なんて馬鹿で無茶苦茶な呑み方をしたんだろう…。

サークルで呑んでて、吉田が立ったまま急に



反射的に吐瀉物を見てしまったワタシの目に映ったものは…



噛んで物食べてないんかいっ!?



ほんまに、もう1回掬って器に盛ったら再利用できそうやった。
湯気も出てたしね。

さて、今日も、昨日(←クリック)と同じガイドをうちらは雇いました。
コロシアムもきっと顔パスさっ!

ほんまに、雇う価値ありまっせ!お勧めさ!


読者登録してね

描いたかな?今回は、相方のお母さん(ワタシのお義母さん、高齢)と、ワタシのオカン(60代)を連れての親孝行の旅。相方とお義母さんは英語しか話せず、オカンは日本語しか話せない。キッツーッ!

で、本日はバチカン市国へ。

見所のバチカン美術館。すんげぇ~行列…。ディズニーランドよりすげぇ…。この炎天下に数時間待ち…。しかしだ、うちらは、個人で来ているものの、相方が、ホテルを通じて3-4時間程ガイドを雇ってくれたので、うちらはその長い行列に全く並ぶ事なく、タクシーから降りてすぐに、特別ライン(?)からバチカン美術館に入れた。1分も待つこと無し!相方が特別な免許を持ったガイドを雇ったからかどうかは知らん!が、これは価値あるぞっ!

ちなみに、うちらの雇ったガイドは1時間1万2千円程でした。とてもいいガイドさんだったので、更に1万円程チップであげました。

photo:01

ミケランジェロが40年かけて描いた天井画(写真撮影は禁止なので、写真は無い)とか、彫刻だとか、とにかく、富とパワーの見せつけに圧巻。

120メートルかなんか続くこの天上のんも、ひゃー!

photo:02

St. Peter's では、観光客満載の中でもなぬなぬ~が始まる。ワタシは、ペットボトルのお水を持っててんけど、なぬなぬ~の時はお水を飲んだらあかんらしい。


iPhoneからの投稿


読者登録してね

腹いっぱいだが、やっぱやっとかなあかん、ジェラート。

photo:01

トレヴィの泉って、めっちゃデカイですやんっ!

photo:02

勢いつけてコイン投げたら、知らん伊太利亜人の頭を直撃してもたっ!


iPhoneからの投稿


読者登録してね

亜米利加から伊太利亜へ向かう飛行機の中で見た映画、 "Dallas Buyers Club" 。

時代は80年代。女遊び、ドラッグとやりたい放題の Matthew McConaughey 演じるロンが HIV 陽性と診断され、余命30日と宣言される。試験的な治療薬の AZT に強い疑念を抱くロンはメキシコに渡り、ビタミン剤、ペプチド等と出会い、それらをアメリカに持ち込んで売りさばくビジネスを始める。そして、そのビジネスに関わる、 Jared Leto 演じるゲイのレイヨン。

ワタシは、 HIV 関連で、2人の友達を亡くしております。映画を見てすごく感じたのが、『死』を感じた時の患者達のどうしようもない孤独。

Matthew McConaughey も Jared Leto も体重をもの凄く落として役に挑んどりました。



是非、お勧め致します。


読者登録してね

さて、亜米利加は桑港を出て、昨日、スイス航空で伊太利亜にやってきました。

今回始めて使うスイス航空。よかったよ。お勧めするわ。

photo:01

独りがけが好きやねん。

photo:02

前菜。


iPhoneからの投稿


読者登録してね

映画に出てきそうな、亜米利加さんなところで餌。

photo:01

これ、俺の。

photo:02

ホットケーキ。

photo:03

ワッフル。

photo:04


iPhoneからの投稿


読者登録してね

前回、亜米利加さんに来て初めて知った食べ物、 Beignet 。穴のあいてないドーナツって感じ?今回も食べてみました。



食べかけを撮影。しかも暗いぞっ!

ブランデーのたっぷり入ったカスタードにドロドロキャラメルソースの乗っかったディップ?みたいなのが添えられて来たから、それを更に付けて召し上がれ!



デザートワインと共に。

美味しい?っちゃぁ美味しいけど、「また食べたぁい!たまらぁん!」ってんではない。だから、お勧めか?

前回、亜米利加に来て、リッツカールトンで800グラムのビフテキ 
ステーキ を食った翌日の朝に、「やっぱ、あのちびくろサンボ(これは NG ワードなんでしょうか?)みたいな、重なったホットケーキの山を食べんとあかんやろう!」と行ったお店、シロップ。そこで、オーナーとおっちゃんが、「 Beignet はお前ら好きか?」って聞いて来た。「何だそりゃ?」と答えたら、 "Really? Don't you guys know beignet!? Beignet を知らんのかい?マジで!?」と、サービスで出してくれたのが私の初めての beignet 経験です。

今、 wiki でチラッとみてみたら、生地はシュー生地だとさ。それを揚げてる。


読者登録してね

本日2度目のブログでっす!

以前のブログ(←クリック)でも描きましたが、ワタシは、自分の


には、なかなかの自信があります。えへんっ!



そして、



そう、

*頻度もさながら
*肉質のあるアロマ
*ケツが吠える程のドルビーサウンド

と、まじで、屁として完璧なんですっ!

2020年のオリンピックに、是非日本代表として
参加したい程なんですっ!声を大にして言いたいっ!!

ワタシは、あの臭みを薔薇 バラ の香りとしてはとらえません。


くっせぇもんは臭ぇよ。

でも、臭ければ臭い程、

「俺ってすげぇ~」

的な

達成感

に見舞われませんか?

認めましょう。あなたにもそういうふしはありませんか?

ワタシはそれを認める事を恥ずかしいとは思わないぞっ!

例えば、ワタシは、ベッドでぶっこいた歳には、



認めましょう、多かれ少なかれ、あなたにもそういうふしはあるでしょう!
「こんなに臭いものを生み出してしまった自分!」にある意味の威厳を
感じることはあるでしょう!

何故にワタシがこんなことをブログにして訴えているのかは不明です。

今いる亜米利加さん。国旗を至る所にたて、
「俺、俺大好き!」なのと似ているかもしれませんね。


読者登録してね

この航空会社はファーストクラスを打ち切りまして、ビジネスをビジネスプレミアムとし、良い感じにしております。

隣に誰もおらず、独りっきりの空間になる。ええぞ~。



上の写真からもお分かりになるように、寝るときは、フライトアテンダントが寝床を作ってくれて、こんな風(↑)に180°になるし。

飯時には、独りで食べてもオッケだけれど、相方と向かい合わせにしてもらって、こうやって一緒に食事をすることもオッケ。これは前菜で出たやつ。



でもね、やっぱりどこも経費節減なのか、以前は、スイスの高い高い基礎化粧品ブランドの La Prairie の保湿剤等がアメニティーバッグに入ってたのに、今はそれに変わって、 Clarins のものになっちまった。ちっ。

現在、桑港のご当地ビールを堪能しとります。




読者登録してね

最近、ぐうたら、仕事、そして数日後また旅に出るってので、ブログ描いてねぇ。

『屁』ネタも、漫画、途中まで描いてるねんけど、停滞してるわぁ。タカさん、ありがとう、それでもペタとかしてくれてっ!きゃぴっ!

で、取りあえず描こうと思って、殴り書きの今。

告白します、実は、ワタシの iPhone 、

まだ4なんですっ!!

それでも、全然問題ないねんけど…。やから、替える気無し!

でもさぁ、もうケースとかが用意に手に入らなくなったよ。店頭ではもう見当たらないね。

去年にタイに行った時に、「タイやったらあるやろう!」と思って、アップルショップのお店の子に、「4のケースありまっか?」って聞いたら、「何言ってんだこいつ?時代遅れもいいとこだ!」みたいな感じでみられたし…。

ちなみに、ワタシの大学の時の友達は、未だにガラケーです。ただし、そいつダケやけど…。


読者登録してね

どなたか、シュークリームのエレガントな食べ方をご存知ですか?

photo:01

ワタシは、かぶりつくの巻しか知らん。

フォークで食べると、たちまち崩壊するんだが?

photo:02

ちなみに、フランス人に、「ボンジュール、マドモアゼル!」って言われた!マダムやのうて!お嬢さん、言われてしまいましたやぁん。


iPhoneからの投稿


読者登録してね

これ、何にでも使えるよ。

基本はガーリックオイル。ワタシは、それにいろいろ入れちゃう。全て我流です。

ニンニクの薄切り、レモンの皮(千切りみたいな感じ)、フェネルの千切り、ミニトマト(縦長のんが甘いから、それ使用)をたっぷり目のオリーブオイルにぶち込んで、超弱火でじっくりと味を出します。20-30分くらいジワジワやったよ。

photo:01

本当に弱火でね。じゃないと焦げちまうから。

今日は、白身魚を焼いて、生パスタを茹でて、パスタにこの万能ソースを絡ませつつ、お魚にもソースをって感じ。

仕上げにイタリアンパセリね。

出来上がりの写真撮るのを忘却したので、食べかけを。

photo:02

ちなみに、この前、お昼にお腹が減ってんけど、自分の為だけに作るんって、ほんまに面倒くさいねん…。てっか、後片付けがもう嫌!

なので、以前に亜細亜食材店で購入したぼったくり冷麺(高かった)を袋ごとレンジでチンして、冷やすのも面倒だったので、熱々のまま、付属のタレをぶっかけて食べた。具なんて一切無し!

photo:03


iPhoneからの投稿


読者登録してね

先日の『子守り』(←クリック)で書いた子、面倒みたよ。

うん、婆ちゃんは私を選んだのさ。他にも応募者はいたけれど。

この子!

photo:01

誰かが見えるところにいないと泣く!シャワーすらも浴びれず、シャワールームに持っていって、しかも、カーテン開けっ放しじゃないと、ワタシが見えなくてまた泣く!しゃぁないからカーテン開けてシャワー浴びたよ…。床ビシャビシャ。


iPhoneからの投稿


読者登録してね

そんなに遠くない昔は、任意の『お洒落染め』やったのに、一挙に、必要不可欠な『白髪染め』になった。

photo:01

この前、雨上がりに空を見上げたら、完璧にアーチになった大きな虹が!のび太君なら、こういうのすぐ気づくんだよなぁ。で、ワタシに携帯で教えてくれる。

photo:02

photo:03


iPhoneからの投稿


読者登録してね

以前に書いた、『関西弁』(←クリック)で登場した姪っ子の中で、只今



「欲しい!欲しい!」と大騒ぎらしい…。
で、妹(姪の母親)が、「あかん!」と答えたところ、


暫くすると、



手紙を隙間から放り投げてよこしてきたらしい。

手紙を見てみると…





それに対して、妹が
「大きくなったらな!」
と返答すると、




そこで、妹は、脅迫されたまま、



18歳になったらトイプードルを飼うことを
約束させられたらしい…。



恐るべし、6歳児!!

将来は、法曹界か、伝説的交渉人か、テロリストやね。

ちなみに、この姪っ子、2年程前に、
おかん(姪っ子のお婆)に



という、非常に不適切なお手紙を書いた人物です。


読者登録してね