ワタシの独擅場

日本より島流しにされた昭和な関西人ワタシ。のびのびとブログを書く事をモットーに、のうのうと生きています。褒められると伸びるタイプ。

2014年02月

本日2度目のブログでっす。

刺青2』(←クリック)の続きです。






ほんまに、これも実話なんです。
フリースピリットにも程があるやろうっ!
ガッタガタのずぶずぶの線で、見るも哀れな鯨らしきものが
掘られていたんだよ…。


つづく。


読者登録してね

刺青1』(←クリック)の続きです。



柔らかそうな黄金のその髪を
白く細い華奢な指でかきあげ、
彼は、その刺青を見せてくれた。



実話です。

彼の主張したいことはわかった。言葉自体も間違ってはいない。
が、ニュアンスがちと違う気がするんだが…。


つづく。


読者登録してね

先日、ネットをブラブラしていたら、下記の『漢字刺青』サイトのイメージ発見。



どうも、『格好いい漢字刺青デザイン』って感じで出されてる。それぞれの漢字の下に書かれている訳は間違ってはいない、決して。が、

刺青として可笑しくないかいっ!?

次回は、実際に出くわした、可笑しな刺青達をお知らせしたいと思います。


つづく。


読者登録してね

この国、てっか、この国のこの市では、何故か、
1年に1度あるこのスポーツイベントで、
意味も理由も全く不明なんだが、皆が何故か(本当に不明)、
ランダムに好き勝手に仮装する。



例えばこんな感じ。

サンドイッチ!
傑作やがなっ!

photo:01

首持ちさん。

photo:02

そして、ミニオン。

photo:03

老若男女、好き勝手に仮装する。
そして、呑んで呑んで、呑みまくる。


読者登録してね







余りの長蛇の列に、流石に店員さんが気付き、
やってきて、





で、『スライド』とかってサインなしっ!?

後ろにいた、数々の膀胱破裂な女性達から、大きなブーイングの嵐を
ワタシが受けた事は想像に難くないだろう…。


読者登録してね

本日2度目のブログでっす。

“痔”病9』(←クリック)の続きです。

さて、先生から、
至極当然である(×尋常でない)
正当な(×卑猥な)
情報公開?(×変態行為)
の申し込みを受けてしまったワタシ…。



おい、痔くんよ、君は何故、先生が診てくれている時には
出現せずに、ワタシの個人的な時にのみ勃発するんだい?





で、自分撮りならぬ、“痔”分撮り
(ワタシちゃんに座布団5枚もってきてあげてぇ~)、
やりましたよ、しゃぁないから…。

とどのつまり…



ワタシは今までこの病とかれこれ10年以上の付き合い
(気付いたのが10年以上前だから、
実際はもっと長いのかも…)
なんですが、実は、彼を“感じた”ことがあるのみで、

見た事はなかったんです!

で、初めての、ご対面…



序の口レベルを激写したので、
「可愛いイチゴ いちご くらい?」とほのかな期待(?)
を抱いたいたも、
想像を遥かに超えた、アグリー度!

その姿、まるで



いやぁ~、体はって笑いとるワタシですら、ひいた…。
序の口がコレやから、横綱は…。ドキドキする…。

1番最初に撮ったやつは、臀部から写ってたので、
なんかエロティックだったからボツ!

でも、この画像、先生に直接送るんではなく、
先生のアシスタント(20代半ばくらいの女の子。しかも、
この前紹介されて、挨拶したし…)に送らなあかんのよねぇ。
普通に添付すると、プレビューとかで見えてしまって、
彼女をゲロゲロさせてしまいそうなので、 ZIP ファイルに
閉じ込めようかと思ってるんですが…。


つづく。


読者登録してね

俺の独り飯。

ドナドナがポレンタとマスカルポーネの上に乗っかってる。

photo:01

幸せを噛みしめる。独り飯が好き。


iPhoneからの投稿


読者登録してね

長い間放置プレイ致しておりました『“痔”病8』(←クリック)の続きです。

先生の提示した処置は、患部(ぶっちゃけ、痔っす!)を輪っか(?)で
くくりつけると言うもの。うっ血かなにかをした結果(←よくわかってねぇ)、
患部が朽ち落ちるという仕組みらしい。



言われたその時、「あっ、そっ」と、別に気にもしなかったんだが、
後になって考えてみると、3つって、どういう意味?






まぁ、先生にそれを聞く事もなく、時間は経過したんだが、
痔の絞首刑執行から数ヶ月たった今も、

全く変化無しなんだ。

なので、先日、病院に電話し、その旨を伝えた所、
取りあえず、どんなもんかを診てもらう事に。





すると、先生は、






どきどきの次回、お待ち下さいませ。

ちなみに、先生に、「で、どっちっ側に出るの?」と聞かれ、
「はっ?えっ?真ん中?」と答えると、
"Oh, you don't know then..." (訳:あぁ、わかんないんだねぇ…)って。
はぁ!?意味全然わからんよ!横チ○みたいになるってこと?
で、なるとしても、だからどうなの!?


つづく。


読者登録してね

さて、予告(←クリック)させて頂きました『怒れる男』、本番参ります。



外の様子がおかしいので、ふと、窓から外をのぞいてみると、



叫んでますやんっ!


日本語のサイトなので、禁止用語の F ワード、ぼかさんといきます。
はい、実際に彼はこう叫んでいらっしゃいました。
ちなみに、 arse =ケツ、で、 hole =穴でしょ?

はい、ここで問題です! Arsehole とは、どういう意味でしょう?

はい、正解は、肛門です!

なんか、最近、肛門という言葉を使う事が多い…。

うん、日本語でいうところの糞野郎は、
英語では、

肛門野郎

と表現されます。

ごめん、肛門に気をとられて、話がそれた…。

まぁ、とにかく、この怒れる男、バスを全速力で追いかけて来とうっ!
バスの運転手が気付くまで、50メートル程、
雄叫び暴言を続けながら全速力!

やっと、運転手が気付き、バスを止め(こういう場合、
止めずに走り続ける運転手もいっぱいいるけど)、
ドアを開けると、怒れる男が入って来た!!



大声で運ちゃんに怒鳴り散らす彼。
余りの様子に、ワタシは、



と思っちゃう程だった。

やっさん怒れる男の言う所によると、
「俺がバス停で待っていたのに、お前は停車しなかったじゃねぇかっ!」
と言うもの。

が、それに対して、運ちゃんは、非常に冷静に返答していた。
あまりに冷静だったので、何って言うたのか聞こえんかったが、
運ちゃんの対応の後、怒れる男は速攻、



そして、彼は、尻尾を巻いて(日本語正解! yesピンク )、着席したんですが、
次の停車場所ですごすごと降りて行きました…。

乗るバス間違ってたんか?

それにしても、もんっすごい形相で、叫びながらバスを追いかける彼は
激しかった!でも、自分が間違ってたと理解すると、ちゃんと謝れる、
自分の非を認められる彼に、ワタシは拍手をあげたい。


読者登録してね

尿漏れについて描くと予告致しましたが、数枚絵を描いた後、なんだかやる気がなくなってしまいました。将来描き上げるかもしれませんが、どうでしょう?

で、気が変わって、『怒れる男』について描きたいと思います。下の彼がそうです。が、これだけ描いて力尽きました、今現在。次です、次!




読者登録してね