老人がスマホが出来ないワケ
(↑クリック)からの続きです。

そんなこんなだから、
やっぱり勿論
うちのおかんも例外ではなかった。

おかんにスマホを教えている芋が
たまりかねて
電話をかけてくることもしばしば…。

怒り

コミュニケーションツールとしての
ラインと電話の使い方さえ
基本的な部分マスターすればいい。

ワタシたちの母に対する
お願いハードルは、
最低限にとどめているつもり。

しかし、ラインは
いつまで経っても既読が付かないし、

ヤギ

電話は出ないから、
芋が家電にかけると出る始末。

つまり、携帯は無視や!

ふてぶてしい

_______________

立腹

余談やけど、
おかんってなんで家電やと
他所行きの声で出るんやろう?







芋の根気のおかげさまで、
物凄い時差を伴うが、
おかんから時々ラインに
既読が付いたり付かなかったり
するようになった。

進化か?うん、多分…。







無事日本に着陸したワタシに、

理解

スマホに困惑なうなおかん…。

うん、知ってる。

「とりあえず、コミュニケーションツールである
ラインと電話さえ使えたら万々歳やから。
それに、コンセプト理解したら、
どれも使い方一緒やから大丈夫。」


ワタシはおかんにラインを開かせた。

いや、開かせようとした…。

停止

まずここで停止!

おうっ、こっからや!

長い道のりだ…。

ワタシは、精神カウンセラー方式?を
使用することにした。

ワタシから答えを与えない。

ワタシの質問(誘導)で
おかん自身に答えを出させる。


ライン

「ここ押すねん!その次はここ!」

みたいな”答えを与える方式”では、

情報、
左耳から右耳に通過するだけで
頭に溜まらへんで。


通過

だから何回も
同じことを聞いてきて、
こっちをイラつかせるのよ!

イライラ

己で考えさせて理屈を理解させれば
ある程度は脳に残るだろうし、
理屈が分かれば
他の事(アプリ)にも応用できるはず!

さて、吉と出るか、凶と出るか…。


つづく。


そんな母に怒られた話。↓




スマホ対応。殺し屋。

男性向け 手袋 スマートフォン タブレット アイパッド 対応 スマホ手袋 革製 手袋 メンズ グローブ フリーサイズ PUレザー 本革調
男性向け 手袋 スマートフォン タブレット アイパッド 対応 スマホ手袋 革製 手袋 メンズ グローブ フリーサイズ PUレザー 本革調


お洒落系(←クリック)も
ご覧頂けると嬉しい。

サザエさん




ねぇ、↓押してみてよ↓。ねぇったらぁ!

button

LINE スタンプ2種類こしらえますた!
LINE