前回(←クリック)、前々回(←クリック)の
背景があり、
婆様はバレエが今でも大好き。

まぁそんなこんなで(端折る)、
ワタシが婆様を
バレエ鑑賞に連れて行くことに。

一人でよう行動するような
人ではないので…。

選んだ題目?は『ジゼル』。

『ジゼル』のストーリーは、

ジゼル

が、貴族の身分を隠して近づいてきた
アルブレヒト(・セバスチャン)と
惹かれあい、

恋人

若い二人は夢中になれるから。

しかし、同じ村の村人で、
ハイジゼルのことを好きでいた
ヒラリオン(・ペーター)は、
アルブレヒト(・セバスチャン)が
貴族である事実を掴み、

嫉妬

暴露(本出版)!

そう、
貴族のアルブレヒト(・セバスチャン)には、
身分相応のええとこの娘の
婚約者がいたのだ!

婚約者

「知らず知らずのうちに、
私は日陰の女だったの?
私は弄ばれてたのね〜!!」

失意のどん底に墜ちたハイジゼルは、

死亡

うん。

目ぇ剥いて、泡ふいて、
死んでもた。

よっわ!

死者となったハイジゼルは、

ロッテンマイヤー

精霊の女王、ミルタ(・ロッテンマイヤー)に
迎え入れられ、
精霊の一味となる。

しかし、この精霊は、

夜中に森に迷い込んできた人間や、
裏切った男たちを
疲れ死ぬまで踊らせるという、
それはそれは恐ろしい

踊り殺し集団だったのだ!

ミルタ(・ロッテンマイヤー)率いる
踊り殺し集団により、

暴露男
ヒラリオン(・ペーター)
死亡。

暴露

続いて、アルブレヒト(・セバスチャン)も
踊り殺し集団は
殺害しようとするが、
ハイジゼルの懇願で

アルブレヒト(・セバスチャン)は
一命を取り留める

ギリギリ

ってお話なんですよ。

愛は勝つ

バレエってね、

台詞皆無なの!

オーケストラ、踊り、舞台の感じ?
だけで表現。

音(長調・短調等)、照明とかで
ええ事が起こってるのか、
悪い事が起きてるのかは想像つくけれど、

あんなピロピロ踊られるだけで、
細かい内容分かるわけないやん!

一応、行く前に話の筋は
予習して行ったけど、

気持ち悪い

めっちゃおもんない。

綺麗は綺麗やけど、
そんなんだけで2時間くらい?
もたへんって!

ほんま、ワタシが
踊り殺されたで。

二度と行きたくないです。

ちなみに、そんなワタシ、
友達とオペラ観に行きます。

絶対おもんない。

だって、あれ、イタリア語…。

言うてる事わからへん。


映画の感想。↓




あゝ、柴漬け食べたかった

しば漬けちりめん(平袋) 《京都 料亭 ギフト 内祝い 出産祝い 結婚祝い プレゼント 惣菜 ご飯の供 ちりめん 還暦祝い お土産 柴漬け》
しば漬けちりめん(平袋) 《京都 料亭 ギフト 内祝い 出産祝い 結婚祝い プレゼント 惣菜 ご飯の供 ちりめん 還暦祝い お土産 柴漬け》


エンタメ系(←クリック)も
ご覧頂けると嬉しいです。

しば漬け




ねぇ、↓押してみてよ↓。ねぇったらぁ!

button

LINE スタンプ2種類こしらえますた!
LINE