昨日のブログ(←クリック)
で書きました、
お尻の定期検査で
先生が”入門”しようとした際に発した

きつい

と言う言葉…。

実際には英語で会話しているので、
先生は

タイト

と言うたんよ。

ほら、タイトスカートのタイトよ!

うん、tight = ”狭い”。

日本語の”きつい”に、
(おそらく本来の?)”狭い”以外の
意味があるように、

きつい

tight にも”狭い”以外にも
スラング的?な意味合いがあるよ。

日本語のそれとは違うけどね。

これは日常でもそれなりに使うから
教えてあげるね!

教える

【その一:仲が良い】

仲良し

"John and Tom are tight."

「ジョンとトムは仲良いよね、
ツーカーだよね。」

みたいに使う。

単なる友達ってより、
絆が深い、みたいな感じかな?

【その二:けち】

ブチ切れ

"He is so tight!!"

「あの男ったら、超けち!」

又、この場合、

「あいつはどけち野郎!」

と名詞にしたいのであれば、
tight の後に arse / ass を付けてね。

"He's such a tight arse!"

みたいに使うよ。

arse はイギリス英語、
ass はアメリカ米語。

だからどっちでもお好きにどうぞ!

ちなみに、arse / ass は
”ケツ”って意味さ。

”お尻”だと、bottom 。

そう言えば日本語にも、

「ケツの穴の小さい奴!」

って表現があるね。

”けち”って意味ではないけれど、
”器の小さい”みたいな感じ?

面白いね。

arse / ass にも
他に使い方があるから
それも後ほど!


これもね

ぽれぽれ動物 ロバ_
ぽれぽれ動物 ロバ_


他の言語系(←クリック)でも
際どいことも書いてるよ。

背負う




ねぇ、↓押してみてよ↓。ねぇったらぁ!

button

LINE スタンプ2種類こしらえますた!
LINE