(↑クリック)からの続きです。

うちの左隣の

近所

のおばはん…

ワタシたちにあからさまに
何かをしたりすることはなかったものの、
言葉や行動、目つき?の端々に

出来損ない

ワタシたちを
見下している態度を
惜しみなく出していた。

何て言うんだろう?

「母子家庭なんやから、あんたたちは
わてんとこより劣ってるはず!」

みたいな感じ?

うん、もれなく、

ポンコツ

ワタシをポンコツ阿呆野郎と
認定・確信!

その話はワタシの耳に入っていたんだが、
池田にワタシの通知簿を見せる
なんてことはなかなか困難であったため、
放置してたんだよ。

しかし、ワタシはこの池田のおばはんを
ぎゃふんと言わせてやる機会を
虎視眈々と狙っていたのさ…。

そして、その時はとうとうやってきた!







(↑クリック)で書きました

能力開発センター

でメキメキと学力を上げたワタシは、
まんまと進学高へ入学。

ガリ勉

この池田のおばはんところには、
子供が長女そして長男。

長女はワタシより3つ上で、
長男はワタシより1つ上。

こいつらがどこの高校へ行っているかを、
ワタシは前々からきっちりと
制服+鞄から割り出していたのさ!

メモ

準備は整った。

ワタシは池田のおばはんに
よ〜く見えるように、
制服姿で家の前を練り歩いた。

ああ、見せびらかしたのさ。

進学校に通うワタシの勇姿を、
あんたの子供たちより
ずっと偏差値の高い
高校に合格した
ワタシの姿を見なさい!


とね!!

ん?これだけで終わらせないよ。
これは下ごしらえさ!

さらに、ある日ワタシは

回覧板

そして、純粋なキョトン顔で
無邪気に聞いてやった

キョトン

イラッとしつつもたじろぐ
池田のおばはん。

クスクス、想定通りさ、クスクス。

さぁ、とどめの一撃だ!

ビックリ

大袈裟にあたふたと謝ったった!

糞喰らえ!

ちなみに、ワタシをいじめた
積木スケバングループとも
高校以降縁切りさ。

(スケバンに関してはココに全てリンク貼ってます。)

クスクス。

勿論1匹たりともワタシ様と同じ高校に
入れるわけねーじゃん!

人形




ねぇ、↓押してみてよ↓。ねぇったらぁ!

LINE スタンプ2種類こしらえますた!
LINE