たまたま見つけた YouTube 動画。
グッとくるので
ぜひ見て欲しい。

これは、日本にいる
”普通のおばあちゃんたち”の
それぞれの人生を
ちょっと紐解きながら、
その時代と土地のおせちを紹介する、
みたいなハートウォーミングなやつ。

例えば、

おばあちゃん

長野県の99歳!

「自分はな、100年前に生まれたの。」

「長い人生だなぁ。」

「よく働いたもんだ。」

そう口にするまさみおばあちゃんは、
10歳の時、奉公に出た。

小学校5〜6年生の時に蚕を買い、
他人の家に住み込みで働いたんだって。

「ただただ平凡に生きちゃった。」

ある時、親戚に言われて、
まさみおばあちゃんは
独り身の男と結婚した。

「25歳の1月16日にここの家に来たんだ。
隣の村からな。」


はっきり覚えてはるねんね、
まさみおばあちゃん。

「他に好きな人いなかったの?」

そうたずねるインタビュアーに、

あっさり

おったんかいっ!

あっけらかんと答えるまさみおばあちゃんに
思わずわろてまう。

その男性とは結婚前に付き合ったけれども、
親の言いつけでこの家に来て
結婚しなければならなかったので、
別れたんだって。

でも、その元彼、
まさみおばあちゃんが結婚した
この家に

訪ねて来たらしい!

ドラマチック!!

それをまさみおばあちゃん一言、

「弱ったもんだっけ。」

「昔は昔、今は今、な。
嫁いだとこが大事だから。
それはな、もう、やめにして、
若い付き合いはな。」


そう続けるまさみおばあちゃんに、
ワタシはグッと来たよ…。

「戦争が終わって、平和になって、
で、作るもの作って、
そうこうしてれば、旦那様あれば、
子供もできるしねぇ。大変なんだ。
ただそんな繰り返しっきりだっけな。」

そんな風に言う
まさみおばあちゃんだけど、
ワタシ自身思うのよ…。

ワタシなんて普通の人で
何のアレもないけれど、
それでもワタシなりの
人生ドラマはあったわけ。

ワタシなりの映画は作れるわけ。

どこの誰も全員そうなんだなぁ、
なんて思うわけよ。

繰り返しを継続することの難しさ。

その中から滲み出るように
生まれるドラマ。







「くるみの始末はな、
年寄り仕事でな、これは。」

そう言いながら作った

くるみ

グッとくるぜ。

ちなみに、
まさみおばあちゃんの癖は
舌出しです。




ワタシ好みだ

クルミ餅4個入×4パック【冷凍】送料無料 くるみもち 胡桃 お歳暮ギフト お取り寄せ ギフト
クルミ餅4個入×4パック【冷凍】送料無料 くるみもち 胡桃 お歳暮ギフト お取り寄せ ギフト


おかん系(←クリック)も
ご覧いただけると嬉しい。

ノストラダムス




ねぇ、↓押してみてよ↓。ねぇったらぁ!

LINE スタンプ2種類こしらえますた!
LINE