ワタシはこう見えて
結構いろんなところに仕事で行く。

ごめん、嘘ついた。

仕事で、ではない。

格好つけて嘘ついた。ふふふ。

まぁとにかく、
国や地域よって「えっ?」ってことも
結構あるやん?

例えば売春。
オランダやドイツは売春合法さ。

ワタシとしては、ざっくり言って、

「絶対存在する”商売”やねんから
もう認めてもうて、
そこに法律をあてがい、
秩序を作った方が
現実的な気がするけど?」

と思わなくもない。

赤線

まぁとにかく、
たまげることもあるってもんさ。

ある日、ワタシの地獄耳に
情報が入った。

ヘロイン等のドラッグを
看護師の監視のもと、
打てる場所がある。

驚愕

うん、あたいもびっくりしたよ。

このヘロイン注射場がある国・地方でも
ドラッグは違法です!

「何でなん?」

ってのが最初の疑問。

またざっくりになるけれど、
理由・コンセプトとしては、

*麻薬使用者の過剰摂取を防ぐ為。

(おそらく、過剰摂取により必要となる
救急車や病院施設が結果として
国庫だらの負担となるから、
って背景もあると思う。

実際、ワタシの相方がヘルニアの手術の
あれこれで緊急病棟行きとなった時、
明確に何らかのドラッグの人(←クリック)
おったもん…。

お金の問題だけでなく、
そういう”患者”が多い場合、
看護師の数は限られているので、
他の患者に手が回らなくなる場合もある。

暴れる人もいるからね…。
暴れられると、看護師一人二人では
埒があかないのよ…。)

*道端に転がっている使用済み
注射器等を減らす為。


注射器

*つまり、使用者、同時に周囲に暮らす
市民の健康と安全を守る為。


うん、是非はあって当然。

ワタシ自身、答えがよくわからない。

でも、絶対正しい、絶対悪い、
に分けられないことって
”生きる”ことに沢山あるのよ…。

臨機応変に?判断せなあかんねんけどね。

まぁとにかく、
ワタシは興味を持ったので

ヘロイン注射場、
行ってきましたよ!

マーチ

気をつけておいた方がいいと思ったので、
時計、指輪等は全て身につけずに行ったよ!


つづく。


赤線、らしい

有田焼 田清窯 睦峯 白磁赤線梅結び 小皿
有田焼 田清窯 睦峯 白磁赤線梅結び 小皿


日本語系(←クリック)も
ご覧いただけると嬉しいです。

尻




ねぇ、↓押してみてよ↓。ねぇったらぁ!

LINE スタンプ2種類こしらえますた!
LINE