これはちょうど1年ほど前のお話しさ。

S 女史と
あのおどろおどろしい宿(←クリック)
に泊まった翌日、
予定通り
岡山の養老院?老人ホーム?(以下、ホームと呼ぶ)
にいるケイコおばちゃん(仮名)
を訪れることにした。

ケイコおばちゃんってのは、
ワタシのばあちゃん(母方)の
腹違いの妹。

太古の昔、ケイコおばちゃんは
バツイチ男性と結婚。

その男性は、前妻との間に
息子がいたのさ。

f3fe5f8a-s

その男性は”問題”を抱えていたらしく、
ケイコおばちゃん達が住む家を
火だるまにしたんだよ(実話)。

詳細はよう知らん。

とにかく、
予定通りのケイコおばちゃん訪問。

おばちゃんのホームは
岡山の辺鄙なところにあり、
電車とタクシーを
乗り継がなくては行けない。

ルート

電車でやっとこさ最寄駅に着き、
ワタシはタクシー会社に電話した。

電話

暫くしたらタクシーが来てくれた。

タクシー

50代後半くらいの
気のいい女性ドライバー。

「あらぁ、親戚の方を訪問ですか?」

適当にお話ししながら
ホームまで運転してもらった。







ホームの中での話は、
次回(たぶん)に回そう。

うん、そういうことさ。







ケイコおばちゃん(+その夫)の訪問を終え、
ワタシはまたタクシー会社に電話。

電話

暫くしてタクシー到着。

びっくり

_______________

D21ECADB-4209-4AB6-B15B-789ED73A4F28

来た時と同じ女性運転手!!

不敵な笑み

帰宅してから、
ワタシより随分前に
ケイコおばちゃんを訪ねた叔母に
この話をしたら、

「それ、50代くらいのこんなこんな
女の人ちゃうん??
おばちゃんも行きも帰りも
同じ人来てんよ!!」

って…。

ホラー

絶対あのオンナやん…!!!

岡山の(極一部の)タクシー業界を
牛耳るあの女性ドライバー。

是非見つけてみてください。

いつ電話かけてもあの人が来るから。


ままかり、食べたことない

岡山名物ままかりの酢漬170g
岡山名物ままかりの酢漬170g


English 系(←クリック)も
ご覧いただければウレピ。

不敵な笑み




ねぇ、↓押してみてよ↓。ねぇったらぁ!

LINE スタンプ2種類こしらえますた!
LINE