ワタシは子供の頃、
大正生まれの婆ちゃんの家に
非常によく行った。

婆ちゃんの家の二階には、
叔父(おかんの10歳年下の弟)が
昔々に使っていた部屋があり、
そこの本棚には漫画あった。

漫画にはゴルゴ13シリーズ

A8CCB118-AAFB-4905-B689-F5EEB8AD1ABE

もあって、ワタシはなんとなく
それを読んでたんだよ。

ゴルゴ本の中には時折、

エロ

っていう性描写があった!

当時小学生だったワタシには
刺激はかなり強く、

「あ、これ、見たらあかんやつ!」

とは理解しつつも、

覗く

としながらこっそり読んでたんだよ。

うふ。

中でも印象に残っているのがこれ…

恋愛感情

どういう人物だったかは記憶にないんだが、
会ったこともないゴルゴを
何故だか一方的に愛するこの女。

ある日、いつものように仕事中に
ゴルゴのことを考えて
脳内桃色お花畑にしていたこの女。

が、考え過ぎて辛抱しきれんようになり、

個室

急いで入った

トイレ

_______________

疼く

という台詞…。

はい、台詞は、

「うっ、うずく…。」

でした!

そんなこの女、とうとう行動に出たんだ。

ゴルゴ出没地域に行き
(何故知っていたのかは覚えてない)、

娼婦

娼婦のふりをしてゴルゴに接近!

行動力ぱねー!

”腹ペコ”だったんだろうか?
13はこの女の誘いに乗り、
早速レディーゴー!

タフマン

軋むベッドの上で二人は
優しさを持ち寄った。

よかったね、この女!

と思ったのも束の間、
ゴルゴとの軋むベッド真っ最中で
感極まったこの女は…

絶頂

ひひぃぃぃぃぃん!!

牝馬のようにゴルゴの名を絶叫!

しくじった!

ゴルゴとは名乗らず
身分?を伏せて
この女とベッドを軋ませていたゴルゴは、

「お前は誰だっ!
何故俺のことを知っているんだ!」

「違うの、違うのっ!」

バーンッ!!!

銃殺

この女ゴルゴに銃殺された。

アンダーカバー娼婦、殉死。

うん、小学生女子向けではないね。

他に、本気ハードコアポルノ漫画もあったよ。

うん、やっぱり読んじゃった。

けど、その内容はココでは書けないよ。


ん?お酒?

【送料無料】【ギフト品】【代引不可】モカンボアネホ 10年 ピストル型ボトル 40度 200ml
【送料無料】【ギフト品】【代引不可】モカンボアネホ 10年 ピストル型ボトル 40度 200ml


ライン系(←クリック)も
ご覧いただけると嬉しいな。

ハードコア




ねぇ、↓押してみてよ↓。ねぇったらぁ!

LINE スタンプ2種類こしらえますた!
LINE