渋谷ギャルに度肝を抜く:東京
(↑クリック)からの続きです。

プロローグ:
日本の”ポップカルチャー”は、
資源のない国日本にとって
有力な輸出品です。


***************

相方はその存在すら
知っていなかったが、
ワタシのたっての要望で、
噂に聞いていた

メイドカフェ

に行ってみようということに。

ワクワク、ワクワク。

とりあえず、アキバへ。

JR

どのメイドカフェにしようかと
ぶらついていると、

オタク

秋葉原伝統的民族衣装に
身を包んだアキバ男性二人が
おどおどしながら近づいて来た。

えっ、何?

すると彼らはワタシに
震える手で名刺を差し出し、

名刺

まさかの TBS 君
だったの巻。


秋葉原取材用に採用したの、TBS?

それとも秋葉原取材の為に、
化けてる?寄せてる?

で、何の取材だったかって?

ファッションチェック







ではない。

万が一それだったら、
一目散に逃げてたね。

だって、ピーコに惨殺されるのは
目に見えてるもん。

ピーコ

実際の取材内容は、

アキバ系

その認知度調査及び感想のため(?)、
相方に聞いてほしい
と言うものだった。

相方に状況を説明し、通訳。

アキバ TBS が相方に
ウォークマン?を渡した。

そして
その曲、ってのが…

夜明けのスキャット

うん、あの永遠ルールールー
言うてる、あれな。

外国で流行ったん?

めっさ昔の歌やろ?
歌自体は聞いたことあるけど、
再ブレーク、しかも外国で、とは
あたしゃ知らんよ。

ひとしきり聞いた後、
イヤホンを外して相方は、







アイドンノー

言語道断、一刀両断、一網打尽。
(↑格好いい四文字熟語を使いたかったの。)

ワタシが訳すまでもない、
キレーなアイドンノーでした。

カメラも回ってたけど、
きっと放送されてないと思うよ。

だって、何の撮れ高もねーもんさ。

さぁ、明日はとうとう
メイドカフェへ!

相方の反応や、いかに?


つづく。


古そう…

夜明けのスキャット [ 由紀さおり ]
夜明けのスキャット [ 由紀さおり ]


オトコ系(←クリック)も
ご覧いただけると!

ノンスタイル




ねぇ、↓押してみてよ↓。ねぇったらぁ!

LINE スタンプ2種類こしらえますた!
LINE