当時、女はアラサー。

離婚をするのは、ある意味、
結婚するよりエネルギーを要する。

が、あのまま結婚していると
必ず不幸であることが
嫌という程わかった女は、
”消去法”でもって、
小さな子供二人を連れて
離婚という選択をした。

ビル

暫くして、女は男と出会い、
二人は恋に落ちた。

男は女の6つ年下、未婚。

男は女との結婚を望んだ。
子供も産んで欲しいと…。

女はそれは無理だと断った。

それでも、男と女は別れなかった。
別れられなかった。

しかし、男に実家から
縁談の話が来た。
いいお話だと…。

それを機に、
女は男との別れを決意した。

「あなたは結婚がしたい。
自分の子供も欲しい。
私はそれに応えられないから…。」

この話を女から聞いた時、
ワタシはあの名曲を思い出した。

b624fc13-s

「ラブ・イズ・オーバー わけなどないよ
だだ一つだけ あなたのため」

アーーッ、せつねーーーっ!

男は、その後、
話が来たその女性と
御見合い結婚したそうな。

女も、あの選択は、
色んな意味で正しかったと、
今でも言うてる。


えっ?こんな商品…。
誰が必要なの?フィーフィ…。

エルモ 鼻の穴洗い 鼻腔用洗浄スプレー 110ml[エルモ 鼻洗浄剤]
エルモ 鼻の穴洗い 鼻腔用洗浄スプレー 110ml[エルモ 鼻洗浄剤]




ねぇ、↓押してみてよ↓。ねぇったらぁ!

LINE スタンプ2種類こしらえますた!
LINE