ワタシは急に思い立った…

1

そして、意気揚々と
相方にサプライズでお披露目したさ。

だが…

2

3

ワタシは、落胆、絶望、屈辱を背負い、
泣きじゃくりながら腹の顔を洗い流したさ。

しかし、奥さん…
マッキーをあなどったらあかんね。

消えねーよ…。何をどうしても
心霊写真のように腹に顔が浮いてるよ…。

しかも、こすりすぎて赤らみ、

5

6

その夜、ワタシは更に枕を濡らした、
腹の顔を震わせながら…。


ねぇ、↓押してみてよ↓。ねぇったらぁ!

ブログの更新情報をメールでお届け!
メールアドレスを入れて、右の『決定ボタン』押してねん。
 
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」