まず、赤男さん(←クリック)が見つけはったんやけど、
これに登録すると、登録したメールアドレスに
ブログの更新情報が届くってツール、貼っときます。

3

赤男さん、ありがとう!!

女一人旅 in 九州3』(←クリック)の続きです。

だぁいじょうぶ、だいじょうぶっ!
ワタシはちゃんと車内で漫談を繰り広げ、
お爺さんの心をガッツリ鷲掴みしましたさかいに。
家に着くころには、お爺さんもニコニコ状態さ。

そしてとうとう到着し、車から出たワタシは息を飲んだ…。

8

あれが、ワタシが生まれて初めて肉眼で見た天の川。

その後、お風呂を用意して頂き、ワタシが入浴中に、
掛け軸のかかった床の間にフカフカのお布団を敷いてくれた。

絶対の安眠を終えた翌朝は、

6

お婆さんが教えてくれた。
「お米以外は、全部うちの畑で採れたのよ」

スゲーーーーッ!!

それから、畑を見せて頂いたりした後に、
お爺さんに有田焼で有名な有田町に連れ行ってもらった。

ほんまにいい想い出だす。

あれはねぇ、ほんま、貧乏旅行してたから、
若かったからこそ受けた親切やよ。
そんなんあんた、今のワタシが同じような
貧乏旅行してみぃな。

「モノホン…だ…」

と思われておしまいなだけですやんかっ。

【教訓】
貧乏は若いうちにしろ。


さて、相方が楽天さんを通して、ギャラリー蔵もとさんから、
林九郎窯の古伊万里コーヒーカップを購入しました。

image1

やっぱりねぇ、年齢的にも、買い替えるの物ではなく、
これからずっと愛しながら使っていける物を
手にしていきたいなぁと、思ふ。

コーヒーカップ 花鳥山水-林九郎窯【楽ギフ_包装】【smtb-MS】【HLS_DU】fs2gm
コーヒーカップ 花鳥山水-林九郎窯【楽ギフ_包装】【smtb-MS】【HLS_DU】fs2gm

特に、日本におらへんと、こういう物が
すごく贅沢に感じるわぁ。

コーヒーの時間さえも優雅に贅沢になります。

超お勧めやでぇ!


ブログの更新情報をメールでお届け!
メールアドレスを入れて、右の『決定ボタン』押してねん。
 
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」