いろんな航空会社に乗ってきた。
ユナイテッドにしても、
タイにしても、
シンガポールにしても、
JAL にしても、
スイスにしても(←クリック。この会社お勧めするわ)…
あの、最初に見なあかんセイフティービデオ、まぁそのまんまですやん?
申し訳ないが、つっまんねぇ~。

が、エア新西蘭(←クリック)は斬新なる勇者!

これは、今のバージョンではないけれど、これを見たときは魂消た!


出だしから
あっつあつですっ!熱いよっ!!

両手を叩いて


でご登場するのはアメリカ人!!!

「さぁ~、今から3分間で、
フライトのためにあんた達を鍛えてやるんだからぁ~!」



で、ポップな BGM と共に、エアロピスタート!!


「赤い紐をひっぱるとセイフティージャケットが広がるわ。
でも、広げるのは外に出てからよっ!!」


「ちゃ~んと広がらない場合は、マウスピースを使ってね!」



他のファイルを見てて知ったんだが、
うん、これ、ほんまに当時のエア新西蘭のしゃっちょさん。

そういうスピリット、俺は大好きだ。

普段はセイフティービデオなんか見ぃへんのに、これには


釘付けになりますた。

実際の映像をご覧ください。



もう一個、ちゃうバージョン。これはコマーシャルやけど。



空港のセルフチェックインで、お嬢さんの肩から落ちたカバンを
「落ちましたよ」と助けてくれるエア新西蘭職員。




ラゲッジを飛行機に詰め込むエア新西蘭職員達。



それを覗く飛行機内の乗客。





乗客の目線に気づく職員。



「お飲物はいかがですかぁ~?」




空港内を歩くパイロット。



それを見てウハウハの奥様達…。

そう、エア新西蘭職員全員

真っ裸!

ボディーペインティングなんっすよ!!

「エア新西蘭のプライスには、あとでバケラッタ!!と
隠れてるようなもんがないよ~。税金だの、なんだの込みだよ~。
な~んにも隠してないよ~!」って意味で裸ん坊。

実際の映像はこちら。



ボディーペインティングのわかりやすい、違うバージョンはこれ。
これは、実際の安全ビデオみたいだ。



こんなんを実際の機内で放映するなんて、強烈!
勇気ある行動に敬服する。


読者登録してね