バンコクからシドニーへ3』(←クリック)の続きです。

体を小刻みに左右に振り子運動させて
そのとろけるチーズのような肉身を己の席+ワタシの座席に
流し込んだこの巨漢女性…。







この行為を何度か繰り返した後、
フライトアテンダントを呼びつけ、



と、正々堂々と文句をのたまった。

不快もなにも、あんた、腹がでかすぎて

シートベルトはめられてねぇ~じゃんよ…。

それに、アンカンファタボーなのは



しかし、フライトアテンダントも手慣れてもので、
「ジャストアモーメント」とだけ言い残し、
そして、

延長シートベルト(写真下)を持って戻ってきた






今のところ、こういう状況を目の当たりにしたのは、
これが最初で最後です…。

こうやって始まった、ワタシの空の旅…。

実は、まだネタは続くのよ…。


つづく。