バンコクからシドニーへ5』(←クリック)の続きです。

どうもこのおやっさん、英語は皆無で、
質問内容に関わらず、
とにかく自分の知っている単語を発射する

爆弾中華親父

のようだ…。

もう仕方がないので、ワタシが筆談でもって



なんとか難を乗り越え、
爆弾中華親父は、チキンを選択した…。

すると今度は、右側の巨漢女…



そしてまたもや、





だって腹につっかえて
テーブルが降りねぇんだもん…。





そして、巨漢女はフライトアテンダントに連行されて
どこかに消えていった…。

ビジネスクラスでエコノミークラスの餌を食べてたのか?

あのね、まだこの話、終わらないの…。

爆弾中華親父と巨漢女に挟まれたフライト、まだネタあり。


つづく。