それは、ある日のお話…。

(ばったもんの)和食(風)レストランに独りで昼間入ったワタシ。




真横の席だったので、逆にちゃんと見づらく、
とにかくお箸をちゃんと使えてない
ってことだけはなんだか動きで感じたワタシ。

そんなもの、ワタシがわざわざ日本人面して講義することではないので、
見てみないふりをしていたワタシ(←当たり障りない対応。
だって、例えば逆に、フランス料理屋行って、
フランス人にナイフの使い方やら、
ワインの飲み方だの講釈たれられたらうざいやん!)

そして、食事が終わり、彼らは席をたった。

何気なく左隣を見てみると…
















どうやらこの男性、割り箸は何よりも誰よりも先に割って2本にして使う
ということを知らなかったようだ…。いまどきそんな人まだおったんや…。
つまり、彼は、1本の木切れでもっておうどんを食べていたのだ…。

おいっ、友達、教えたれよっ!!

1本の木では、お箸の国からやって来たワタシでも無理やわ…。


読者登録してね