とうとうブツがワタシの目前にやってきて、
ワタシが余裕綽々でそれを踏み外そうとしたその時…






いやぁ~、参った参った!
お友達の悲鳴におったまげちゃって、飛び上がって、う○こに
踏み込んじゃってんよね…。とほほ。
ジューシーなだけあって、そりゃぁ飛び散る飛び散る…。
淡き乙女の想い出。


読者登録してね