さて、アジア人の髪は出来る/似合うカラーのバリエーションが、白人のそれよりも狭い。長年のハイライトにも飽きて来ちまったんで、最近は、 balayage で ombre にしとりました。

こんな感じで。



これなら、かなり明るめにしても、毛先だけなので、アジア人がやってもどぎつくならない。アジア人が全体をかなり明るく(所謂金髪)にすると、「あんた頑張り過ぎや…」に見えるのです、ワタシには…。

ちなみに、上の写真はワタシではなぁ~い。

これくらいの長さはずっとあってんけど、結婚してショートにバッサリ切ったので、伸ばしたり切ったりを繰り返し、現在ミディアムボブくらい。 ombre は、やっぱり長いほうがいいかなぁ、と思い直し、

「今回はこんな感じの色でお願ぁ~い」

{09D4A983-A639-4752-8973-00F802C65AC7:01}

と注文したら、ハイライトをたっくさん入れられて、結果が…

コレ(↓)。

{7E86E8FA-58AA-4A4B-A002-2913000AB67B:01}

*実際の写真です。

日本にいる妹に LINE で送ったところ、

「玉置浩二みたいやんっ!」

なんたる暴言っ!

かなり明るくって、「これやとヤンキーいきかけてるやん…」と思いつつ、なんとかなるかなぁと思いつつやってんけど、

玉置浩二は嫌やっ!

ってことで、再度カラー行ってまいりました。

{A8FDBCDC-D0C6-40A9-844F-AA576F84D6AD:01}

まっ、落ち着いたけど、赤味があるなぁ…。まっ、いっか。


読者登録してね