何年くらい前やろう、7-8年前やろうか?モニカという、ワタシのおかんくらいの歳の人の結婚式に出た。新郎の方の名前は覚えてないから、ティムにしとこう。ティムも、モニカと同じ年くらい。素敵な結婚式やった。

でも、その20年程前(つまり今から30年近く前)に、2人は不倫してたんよね。

モニカは、2人の子供と共に、当時の旦那さんの仕事の関係で、外国に住んでた。そこで、同じくコッチ出身のティムと、彼の当時の奥さん(2人の間には子供が2人)と知り合い(ティムも仕事の関係でその国に赴任してた)、この2組の夫婦と子供達は、出身国も同じ、年代も同じってことで、家族ぐるみでお付き合いをしていたそうな。

が、そのうち、モニカとティムの間で、禁断の愛が芽生えたものの、そんなもん、しばらくしたらバレますやん、やっぱり。バレて、大騒ぎに…。

しかし、お互いに、子供達もまだ小さかったこともありぃので、モニカとティムは別れ、「モニカとティムは今後一切いかなる交流も接触も無し!」という掟をたて、お互いの夫や妻とも離婚することなく、“モトサヤ”に戻ったそうな。

それ以降、モニカとティムはお互いに何の接点もないまま、20年程経ったある日、コッチ(出会った外国ではなく、この国)でバッタリ!

やけぼっくいにがついた!

ティムは、奥さんをあれから亡くしており、未亡人の男バージョン(日本語わかりません)。モニカは即(?)離婚し、2人はそれぞれの子供達に祝福されて、結婚したのよ。

*『祝福』という言葉を思い出せず、日本の家族に、「『祝う』っていう意味で、『シュクハク』みたいな発音の日本語って何?変換すると、『宿泊』って出るけど、これちゃう!泊まらん!」ってメールした。

モニカ、ティムの視点からこの出来事を見ると、純愛物語みたいよねぇ。


読者登録してね