さぁ、ワタシは、各国での不倫状況を比較検討したことはないので、
もっぱらのイメージ(信憑性無し!)で物を言いますが、

うん、日本は不倫大国のイメージが有る。

その昔、石田プロがおっしゃってましたやん。



石田プロは正しいぜ。

なんか、

日本の不倫は文化的に感じるよ。

ワタシが日本にいた頃、

「ど~せ男なんて結婚しても浮気するんだろうなぁ」

というなんとなくの感覚があった。

で、さらに、

「ど~せ浮気すんねんから、ちょっとした浮気くらい
(ちょっとした浮気って何だろう…。定義は曖昧)
カリカリせんと、見て見ぬ振りくらいできんと
結婚なんて続けていかれへんねんやろうなぁ」


というぼんやりとした思い…。

例えば、この前の、

ダウンタウン浜田
ゴリラ、羽を伸ばしすぎた事件


奥さんの、「はいはい、すんませんねぇ。馬鹿でしょ~、もうっ!」的な対応に、
奥さんが株を上げた形として受け止められた様子。

でも、これって、上記の、

男はどのみち浮気をするんだから、
少々のことでカリカリせずに、
どーんと構えてこそ素晴らしい奥さんなんだよ


という感覚の背景があるからこそじゃないかい?

文化だねぇ。

やっぱ、石田プロは正しい。

結婚というものに求めるものが違うからやろうか?

所謂、“どきどき”“ワクワク”“恋愛”を一生求め続けるとしたら、
結婚は難しいんじゃないかい?
「結婚はするけど、やっぱそういう感覚も捨てられねぇ」
ってなったら、そりゃ、愛人だのが必要になってきますわなぁ。


つづく…、かも。



読者登録してね