Wさんのお話。

Wさんには海外で出会ったその国人の彼氏がおり、長い話をかいつまんでお話すると、ある時、共に日本 日本列島 に10ヶ月程滞在し、その後、Wさんがまず先に日本  を発って国に戻って来、彼氏がその1ヶ月後国に戻ってきましたとさ。

が、腑に落ちないことが何度かあり、「あの女の子と何かあったの?」彼に軽く質問をしたけれど、やはり完全否定 NO 。

しかし、それから数週間経っても、まだ腑に落ちず、彼氏の部屋に独りになった際、「何か証拠の品は?」と、罪悪感を感じつつも部屋の引き出しのうち2つをそぉぉぉっと開けてみたそうな。チラ見 チラ だけし、やはり何も見つからず、「駄目だ、駄目だ!こんなことしたら…」と、すぐに封印。

ずっと部屋にいると、また何かしてしまいそうな自分がいたため × 、部屋を出ようと、Wさんは自分のコートを取るためにクローゼットを開けたところ、クローゼットの床に、彼氏の名前が宛名として書かれた綺麗な封筒 手紙 が…。

明らかに女文字…。


つづく。


読者登録してね