“痔”病4』の続きです。

さて、で、カーテンの向こうでの屈辱 むう を終え、相方が笑い ふっ をかみ殺して待っている厳格な机の前に戻って、“結果発表”。

「いやぁ、あんたの腸はなかなかゆるかったねぇ、いやぁ、ゆるかった…」と連呼されつつ、「別に至って健康 良い !戸締まりじゃなくって尻締まり具合もしっかりしてるし」だとさ。

後でネットで見かけた情報では、日本だとすぐに手術を行いがちだが、欧米では、温かく見守りがちらしい…。理由は知らん。

が、数週間後に、 colonoscopy (日本語では大腸内視鏡と言うらしい。ネットで翻訳したら出て来た)を受けます。受ける前に、腸を空っぽにせんとあかんらしく、“腸空っぽキット”をもらった。なんか、このキット自身に、

もんっすごい下痢を引き起こします!

って書いてあるから、怖い ショック …。


つづく。


読者登録してね