アショーカカットダイアモンド、ご存知でしょうか?

ニューヨークのウィリアム•ゴールドバーグって宝石商が特許を持ってるダイアモンドのカット法で、原石もでかめで長めじゃないとあかん。

そもそも、何世紀も前に掘り起こされて、誰がカットしたかは不明のアショーカダイアモンドってのがある。 41.37 カラット、カラーは D、クラリティーはフローレス!!ひぃぃぃぃぃっ  !!


このアショーカダイアモンドに魅せられたウィリアム•ゴールドバーグが編み出した(?)カット法。長方形で、角を丸くした感じ(表現が非常に稚拙…)。

あたしゃパヴェが好きだなぁ。


上のん、アナステイジアリング。



この子は、エターニティーバンドね。

実際に肉眼で見たくって、宝石商んところに行ったら、「本日は当店には在庫がございません。○○支店からお取り寄せいたしましょうか?」って聞かれた。 "Oh no. I am just curious, not interested, you know...." 

「好奇心満々なだけで、買う気じゃないからいいよ!」

って答えました。でも、入荷したら連絡くれるって!写真いっぱい撮ろう!載せるね。

でもさぁ、この形だと、ある程度のカラットがあるものか、エタニティーバンドみたいに重ねる感じじゃないとあかん気がする。


読者登録してね